blog index

四つ葉整体院

女性専門、優しい整術です。
苫小牧に初上陸の、JBM(Japan Body Mapping)の療法です。

090-3770-2028(完全予約制)

高校生以上 2000円
小中学生  1500円

肩凝り・手足の痛みしびれ麻痺・頭痛・疲れ目や充血・顎関節・五十肩・腱鞘炎・スポーツによる痛み・腰痛・ストレスによる不調など、お気軽にご相談ください。









スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
続、母として・・
 19日の息子の症状の記事の続きです。

脚の甲が痛くなって病院に行って4日後の大会、痛みがない状態で出場できました。

賞状ときれいなメダルまでいただけました!

とても早い回復だったのでよかったです。

大会に照準を合わせて「治したい」と本気で治す努力をした息子を褒めたいと思いました。

病院で検査してもらった日の練習は休みました。

あとは練習は休まないけれど、負担がかかると判断したメニューはやらないで、その時間にアイシングをして次の負担が少ないメニューに参加するといった方法をとったそうです。

これって見方によっては「サボってる」って思われそうだけど、先生にも仲間にもそんな見方はされなかったそうで、理解のある環境に恵まれている事と、普段サボったりしないで取り組んでいた事が本当に良かったと思いました。

家に帰ってからは、おふろにゆっくり入って、その後やっと私の出番で、連動ポイントの施術を毎日、ストレス除去の施術を一回、それで大会に間に合いました。

前回ブログで宣言したから、私も強い決意(おおげさ!)でよけいな一言いわないで過ごしました。

大会の直前に休みをとるって、結構勇気がいりますよね。

自信もないとできないかもしれない・・。

無理をしてでも臨むべき時もあるかもしれないし、また、良い試合をするためにまずは治すべき時もあるでしょうね。

その判断ができるようになるのも、痛くなったから学べることなのかな・・。

どちらの判断でも、力の限り整体師として寄り添らせていただきますよ。

一緒に良い状態に向かっていきましょう

息子の事でご心配おかけして、励ましのメールなど、ありがとうございました

・・・ところで、母としてよけいな一言を言わない心地よさに気づけたので、この気持ちを忘れないように、ここに記させていただきます





| mizuho | 脚の甲 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
母として・・
 昨日、久しぶりに整形外科に行ってきました。

息子が脚の甲を痛がって、普通に歩けなくなっていたんです。

それで、骨がどうかなっていないかレントゲンを撮ってもらいました。

結果、「骨は折れてもいないしひびもはいってはいません。筋の問題でもなさそうだし、原因はわかりません。部活は休んでください。痛みをとる成分が入っている湿布をだします」ということでした。

骨に異常がなくて、原因がわからないなら、JBMの出番です。

JBMのすごいのは原因箇所がわかっちゃうところなんです。

だから、家に帰って早速施術を開始したのですが、わたしには思うところがあって、きっと連動ポイント施術だけでは痛みとれないだろうなぁと予測していました。

予測どおり痛みはきえていきません。

骨に異常がなくて、身体にアプローチしても治らないなら、身体に原因はないという事が考えられます。

次の土曜日、息子は試合があります。

すごく楽しみにしている大会です。

息子は運動が好きで、練習も試合も楽しめる子です。

今回も、他の地区の子と試合できることを考えて、わくわくしている様子です。

そして一緒にわくわく楽しみにしている母親がいます。

この母親が・・・(私のことですょ)・・・いつもよけいな一言(一言ですんでないか・・)を言ってしまうんです。

前回の試合の前日なんて、試合相手が今まで対戦したことない強いとうわさの子だと知って、楽しみにしている反面つい弱気なことを口にした息子に、「やる前から弱気になってどーするの!そんなの自分に負けてるってことだよ!」なんていっちゃったりして・・・・。

励ましにもなってない・・。良かれと思いこんでいたりもして・・・。反省する母です・・。

ずばり、今回の息子の痛みの原因は、私です。

これを読んでくださっている方の中には「そんなちいさな事と脚痛いの、関係あるわけないよ」
「痛いのとることできない、いいわけなんじゃない?」って思われた方もいらっしゃるでしょうね。

そうですよね、言われた言葉から脚が痛くなって歩けないなんて、考えがたいですもんね。

でも、これが本当なんですよ。

けっして、息子だけが特別弱いんじゃなく、結構よくある症例なんです。

いくら楽しんでいるといっても、一歩外にでたらいろんな関わりで疲れもしますよね。

せめて家ではストレス無しで過ごしたいだろうに・・・。

骨に異常なし、連動ポイントのアプローチ、ストレス除去施術、そして、ご家族のご理解とご協力、あと、本人の治すための努力(おふろにゆっくり入ってリラックス、適度なストレッチ、必要な休憩など)がそろったら、きっと早く改善して、良い状態にもどっていきます。

よし!絶対今回は試合までよけいな一言言わないぞ!

本当の意味の応援、賢い母、見守るっていうこと・・・わかってる・・わかってるんだ・・今回こそ実行するぞ〜




| mizuho | 脚の甲 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ